2017年07月26日

【2017は太めアーチ型】眉毛のない部分の描き足しに!!メイベリンの「ゴマ粒ペンシル」

最近、スマホで撮ってもらった写真見て思ったんですけど、
眉って、自分で結構太めに描いているつもりでも
実際はそうでもなかったりしますね。

「もう少し太めにしてもいいなー」

って感じました。


女性の眉って、すごく大事
眉の描き方ひとつで、顔の印象が全然違ってきます。


ぶっちゃけ、好きな芸能人の顔に似せたいなら
眉と髪型さえ真似ればいい、と言ってもいいくらい。


それくらい、メイクする時の

最重要パーツがなんです。



一時の太い直線眉ブームも少し落ち着いて、
ややエレガントさも感じられる

「太めアーチ眉」

にシフトしてきてる気がしますね。



9e6ad94d2a1e450481a44dacdff87b87.jpg
出典:@コスメブログ


太さはあるものの、
全体に少しカーブをつけて眉尻がすっきりしているので、
ちょっとエレガントさが入った感じですね。



例えば、

吉瀬美智子さんは細めで眉尻すっきりのエレガント眉、

石原さとみさんはかなり細く、全体がなだらかなカーブのアーチ型。
優し気であどけなさも出る、彼女独特の眉だと思います。

韓国風のオルチャンメイクは、太くて短めの直線的な眉。


これらをミックスしたような感じ、とでもいいましょうか。



女優さんたちは、割と個性を出すために
独自の眉を保っていらっしゃいますが、

時代によって、女性の眉メイクって変わるんです。


眉の形をトレンドに応じて常にアップデートすることで
常に若々しい、旬の垢抜け顔になれるんですね。


私が最近よく使っているアイブロウペンシルが、

メイベリンの
ファッションブロウパウダーインペンシル 


BR−2自然な茶色。


メイベリン ファッションブロウ パウダーインペンシル BR-2 自然な茶色(0.2g)【メイベリン】




これね、芯の断面がゴマ粒みたいなしずく型なの。


横に寝かせるように使うと平な線が細くも太くも描けるし、
しずくの尖ったところは眉尻を細く描くのにもぴったり。


芯の硬さは柔らかめで、クレヨンみたいな感触。
なので、パウダーっぽいふんわりとしたラインが描けます。


付きがよく、ウォータープルーフで落ちにくいので、
眉のないところを描き足して太さを出したい時にいいんです。




梅若流 眉の描き方


@ケイトのアイブロウペンシルでまず眉の輪郭を描く。


カネボウ ケイト アイブロウペンシルN BR-1


芯が極細なので、輪郭をとるのにちょうどいいの。
眉尻にもぴったり。

全体的に太さを出し、アーチにしたい時は、
眉の上はほぼ毛並み通りでやや丸みをつける程度にし、
下側のラインを外側に取ってやります。



これで輪郭をきちんととると、眉の仕上がりがきりっと
上品に決まります。



Aインテグレートのパウダーで眉全体を描く。


資生堂 インテグレート ビューティートリックアイブロー BR631(2.5g)【インテグレート】



最近はこれぐらいちょっと濃いめの色で全体を描きます。
顔がぼやけないように、髪色と合わせてます。

眉頭にはあまり色を乗せすぎないように、

眉の真ん中あたりから眉山へ、
その残りのパウダーで眉頭を描いて、
また付け直して眉山から眉尻へ、

と一気に線で引かずに、少しずつ分けて描くのがこつ。



たるみが気になる40代からの眉色は、
顔が引き締まって見える濃い目がおすすめですよ!!





ちなみに、私の愛用しているブラシはこれ。


ブリリアージュ/BRILLIAGE/アイブロウブラシ



もう溺愛しすぎ!!
このブラシじゃないと私の眉は描けない!といってもいいくらい。


アイブロウパウダー、ペンシル、ブラシがセットに。


ブリリアージュ/BRILLIAGE/プロフェッショナルアイブロウセット【アイブロウパウダー+アイブロウペンシル+アイブロウブラシ】





Bメイベリンのペンシルで毛の足りない部分を描き足し、
ライン修正する。

全体がなだらかなアーチに、やや太めになるよう微調整します。

眉山の下がえぐれすぎていたら、少し直線的に埋め、
眉山に少し丸みを足すとアーチ型になるでしょう。





Cもう一度鏡から少し離れて顔全体をチェック。
もう少しはっきり、濃さを出したいところに
再度メイベリンのペンシルで描き足しを。




とにかく「毛を足したい」ところに、
メイベリンのペンシルはぴったりなんですね。

実は、買ったばかりの時は色が乗りすぎて
眉全体に使うと「いかにも描きました!」って感じになるので
しばらく使ってなかったんです。

でも、眉下の毛のない部分に描き足したいなと思った時に
引っ張り出してみたら、

「何これ!!超使えるじゃん!!」

と気づきまして。



細眉、薄眉、眉下えぐれ・眉山△状態などでお悩みの方で、

「もう少し太さを出して形を修正したい!!」

という方は、ぜひぜひ使ってみてください。


時々、スマホなどで自撮りして、
自分の顔を客観的に見てみると
眉と顔のバランスを決めやすいですよ。



参考になりましたら、クリックをお願いしまーす。



にほんブログ村


アンチエイジング ブログランキングへ




posted by 梅若 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アイメイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする